保険料を抑える

病気の人が生命保険の見直しを行う場合は既存の保険契約の保障額を例えば5000万の保障であれば3000万円に減らすように保険相談を行えば保険料を抑えることができます。必要最低限の保障は確保しなければなりませんが、3000万で足りるのにわざわざ5000万円の保障にして高い保険料を払い続ける必要はないのです。 ただし、生命保険の保障金額と保険料の見直しを30代ないし40代で考えて、加入保険会社の担当者に相談すると、逆に将来のことも考えて保障額を増やすべきではと、話を持ちかけてきますが、最初の保障額が必要な額の上限なわけですから、それ以上、増やす必要もないので、セールストークにのせられることなく、保障額の引き下げを行います。 Read more
Posted in 保険

病気でも見直し

生命保険は一度加入したら、満期まで支払いをひたすら続ける人も多いですが、本当に必要な保障なのかをきちんと見直したり、相談することは大事なことです。保障が年々下がっていく、収入保障型の保険がもっとも合理的だという説があります。しかし、健康なときは考えないのですが、身近な人が病気になったり、自身が健康を損なうようなことがあると、急に保険のことが気になりだしたりするものです。もちろん、それも見直し相談にはいい機会ですが、健康上の理由から入り直しができない場合は、従来の定期付終身保険から、収入保障型の保険を販売している会社に変更することができません。 Read more
Posted in 保険

損を最小限に抑える

生命保険には終身保険、定期保険、養老保険の3種類がありますが、どの保険も、一長一短があり、長所と短所がづ居している状態になっています。そのため、掛け捨てではなく、何歳になっても死亡時には保険金がもらえる終身保険を選びたいところですが、毎月の保険料が高いというネックもあります。 しかし、保険料の安い定期保険を選べば、掛け捨てはもったいないなと感じてしまうし、それなら、養老保険なら返戻金があるから、お金がたまっていいと思っても、保険料が高い、ただ漠然とこの保険が一番お得ですよというのはないのです。では保険の見直し相談をするとしたら、どのようになるかというと、まずはある程度、掛け捨てについては割り切ってしまうことです。ですが、見直しにより Read more
Posted in 保険
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031